幼児と暮らす上での玄関サイズと車を横付けできるメリット

玄関収納

こんにちは!ど田舎の注文住宅に暮らすタメシロウです。

さて!我が家は外構だとか駐車場にはまぁお金をかけていません。最初から『後からできるものには予算を回わさない!いや回す余裕はない』と、憧れたビルドインガレージなんかも、早々に諦めました(*`・з・´)←だってガレージで寝るわけちゃうし。どうせかけるなら建物本体や‼️って感じ。

玄関の図面をみてみよう

で、玄関の図面を見てもらいたいのですが

うちの玄関ポーチは1820mmほどの幅があり二階がのっているので、そこはもちろん濡れません。

晴れた日の玄関ポーチand玄関ホールでやんす。

玄関サイズが母親のイライラを軽減する

この1820mmというのがすごく良くて、玄関ポーチから玄関に向かって幼児が小さな傘を持って通れるサイズ‼️←たぶん

傘が壁に当たらない。玄関扉の幅にもギリ当たらない。さらに、玄関ホールに入ってからも傘が当たらないこれが大事♪( ´▽`)

6.4.2歳児というのは、もう室内でいる時から傘をさしたがります。器用に玄関ポーチを出たところから傘をさすなんて事が出来ません。

雨の日の長靴と傘を楽しみにしていて、傘を玄関ホールからバサっと広げます。

もしここの広さがもっと狭ければ、私は子供たちに大いにイラついていたでしょう。しかし、1820mm×1500mmという幅が心の平穏に繋がっています。

玄関ポーチに横付けできるメリット

さらにビルドインガレージは出来ませでしたが、玄関ポーチギリギリに車を横付け可能!

梅雨時期なんかは玄関ポーチにベタ付けし、幼児たちが濡れずに玄関に入ることができる

些細な雨ならええんですよ。土砂降りの雨とかの時にこれがすごく助かるんです。

もちろん子供がいないときは

運転席を横付けします 笑

これ地味にマイホーム気に入っているポイントです♡♡私のように外構やガレージに予算が回せないが、幼児を育てている方には玄関ポーチを広めにとる!車を横付けできると保育所や幼稚園の送迎がし易いと思います。

本当は‼️駐輪できるようにもっと広いスペースだったんですけどね♡でもほぼ毎日玄関をはいている身からすると、そこまで広くなくてよかったかなぁとも思います(^◇^;)(外構工事もしないので泥や砂利がむっちゃあがる)

森田アルミ ヴィク 傘かけプチ後悔

そうそう!傘を置く用の

森田アルミ社のヴィク

完全に施工場所を間違えました(*´゚д゚`*)

ウンベラータが邪魔でウンベラータが傘立てになりがちε-(´∀`; )←おい

ポストの左手くらいがベストだったなぁ( ̄▽ ̄;へへへ

玄関お気に入りポイントとプチ後悔でした!でわまた