マイホームを建てることを終えるための選択

こんばんは!ど田舎に注文住宅を建てたタメシロウです。

今まで自分の熱量を注いできたマイホームですが、初めて、ずっと家を建ててくれていた工務店への気持ちが途切れました。

あ!むっちゃ腹が立つとかじゃないんです。腹が立つとかじゃない。気持ちがさぁーーーっと細波のように引いてしまった。

特別何かがあったわけじゃない。

1月22日に引き渡しをして、外構工事の打診をし続け、提案書も作成して、ずっと外構工事を開始してくれるのを待ち続けてきたんだけど

その待つという事をもう辞めようと思いました。

時系列ごとに話すと

  • 2019.12外構工事についてお願いする
  • 2020.1月22日引き渡し
  • 2020.3月半ば外構の見積もりをもらう
  • 2020.5月末そろそろ外構工事ができそうと連絡が入る→連絡なくなる
  • 2020.7.7 諦める

こんな感じです。自宅の庭には、ずっと簡易トイレも置きっぱなしなのですが、それもいつか外構工事が始まるかもしれないと、私は待っていました。

しかし、昨夜夫からこの降り続く雨の中に漂うトイレ臭の指摘を受け、工務店社長にLINE。

子供達の眠る中、建設会社の一人娘な友達に連絡をとって外構工事の見積もりを他社へお願いしたのでした。

その時の私の心境は、なんとも言えない罪悪感ですよね。

ずっと書いてきたとおり、工務店でやってもらうのが一番だと思っていましたし、私は工務店社長のことも信頼していますし、大工さんのことも好きです。引き渡しをしてもらったのもドタバタで、まともにお礼も言えないまま暮らして半年が経とうとしています。

しかし、やはり、それにしたって連絡がなさすぎるし。アスファルトの見積もりをお願いしてからもう1ヶ月以上も何も連絡がありません。(網戸の連絡は頂きましたが)

当初の外構の見積もりを頂いたのは確か3月中旬。もう7月です。

せめて、待てるだけの言い訳くらいしてくれれば。と思うのですが

待つのに疲れましたよね( ´,_ゝ`)

まるで、仕事で忙しくなかなか結婚してくれない彼のことを待ちくたびれた結婚適齢期を過ぎた女性みたいなこと言いますけど 笑笑

外構の見積もりをした友達は3児の母ですが、私より10歳くらい年下です。それでも

『土木は災害で少し立て込んでいるのですが、とりあえず現場監督と見積もりに明日伺います』

と連絡をくれ、今朝友達夫妻とともに監督さんら2人とほどきてくれ、雨の降る中見積もりのための打ち合わせをしました。

私は在宅の仕事だったのですが、1時間出勤を遅らせていました。見積もりをのための作業は40分ほどで終わり、業者と友達夫妻とは別れました。

工務店社長にも黙っておくのは不公平だと思い、他社で見積もりを取ることをLINEしたのですが、社長からはお詫びの文面の返信が来ました。さらにど田舎は狭いので、私が見積もりを取った会社からも、工務店社長へ連絡が入っていました。

私はこれから仕事や!という時に。自宅でパソコンを開いてさぁ仕事や!という時に、

涙が止まらなくなってしまってゞ(´ε`●) ブハッ!!マイホームのことで泣くほど悲しくなるのって初めてやったんですが。

別に、工務店に腹が立っているわけじゃないんです。前記した通り。

ただ、こんなにいい家を建ててくれた工務店からは連絡が全くないのに、昨日今日連絡した業者はすぐに見積もりに来てくれる。

なんだかこの現実に悲しくなってしまって。泣けてしまったのです。

家を建てるってクレーム産業だと言われる話をご存知ですか?そのくらい問題が起きないことがないくらい

マイホームを建てるっていうのはトラブルが起きるものらしいのです。

施主からすれば銀行から借金をして人生で1度の大きな買い物をします。建ててくれる工務店は完璧な家を提供してくれるだろうと

施主は期待をしますが

現実はそう完璧というものはなかなか建たないのですよ。家を建てる現場を見ていればわかりますが1戸建てるために、どれほど多くの会社が関わるか。その多くの会社を完璧に統率し、施主の意向をくみ、計画通りに進めるなんていうのは不可能に近いと思います。

だって人の意識なんていうのは常に変わり続けるものだから。

施工者や技術者が最善を尽くしても、タイミングやちょっとした意図のずれや、なんやかんやで、狂ってしまう。狂って伝わってしまう。些細な綻びが、施主の工務店との信頼関係を壊してしまう

こともある。

だからといって、私はこの家を建ててくれた工務店のことが憎いわけでも、腹が立っているわけでもない、

外構工事が始まらないには工務店側の理由がある。

ただ、、私がもう、待つのに疲れただけなのです。タイミングというか、そういう縁なのだと思います。

どれだけ離れていようとも、繋がる人とは繋がると知っています。

だから、私は、今の工務店が外構工事を始めてくれることをただ待つことは諦め、次の段階へ進めたいと思います。

そして、このマイホームを建てるという一連の流れを一旦終えたいと思っています。

さて別会社からの見積もりはどうなるでしょうか?

また記録しますね!

でわまた