ゲストハウスで感じた日陰の利用法

外構

おはようございます!ど田舎で注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。

さてお盆休みの間に親族と出来たばかりのゲストハウスでBBQをしました。

真夏の16時にBBQって…

正直に言いましょう。未就学児ばかりの3児の母です。真夏の16時にBBQするなんて結構しんどいです^^;しかも夫不在。

みんなで準備しよう〜と話していましたが到着してみるとほぼテーブルなどの設置も終わっていて、あることに気づきました…

西日を建物が遮って日陰ができてるー!!

こちら実際の16時ごろの写真なんですけどね

見事に日陰〜〜!!!これむっちゃ良くないですか???紫外線アレルギーな私としてはBBQ準備時間帯に真夏の庭が日陰ってすごい感動なんですよね!!!←特殊w

 

 

 

計算されてこの配置に作られているのか?!とさえ思いました。。。うちの設計士さんは最近日照時間のシュミレーションなんかもしてくれるんですけどね

自分の家の日陰ってどうなってるかあんまり着目してなかったんですよ。

 

パッシブデザイン的に?

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械をできるだけ使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」を最大限に活用・調節して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。

画像お借りしています

こういうパッシブな考えで設計してくれているので、うちには西側の窓は1つもありません←まぁ減額対象だったこともあるけどw

 

で日照シュミレーションの時も、冬にどのくらい南側のリビングから光が入るのか、入らないのか、いかに夏の日差しをリビングに入れすぎないか!みたいな視点ではみてたのですが

 

建物によってできる日陰の利用については考えていませんでした。

 

外構費ゼロ。車庫無し。

これについては話していませんでしたかねーわたし達は車を2台所有していますが

なにぶん予算きちきちー!車庫無しです!

高級車には乗ってないですし、雨で車洗われるラッキーくらいのもんです。愛車ラブ!とかもありません。

 

 

 

けどね、利用できるものは利用したい゚+(b゚ェ゚*)+゚

なんか車が隠れる日陰のできる場所無いんかなーと気づいたのでした←え

 

 

 

今度打ち合わせで設計士さんに聞いてみたいと思います♡それでわ