スイッチプレートについて

照明

おはようございます!ど田舎に高気密高断熱な注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。

さてさて、表題の件です!本日はスイッチプレートについて書きたいと思います。

センスのないやつの発想

スイッチプレートには対して特にこだわりのない私は『設計士さんのご自宅と同じで!』という安易な想いで見積もりをお願いしていました。

だって、設計士さんのご自宅が可愛いしドストライクですからね。真似しておけば間違い無いだろうというセンスのないやつの発想ですァ,、’`,、 (◍◉౪◉◍)’`’`,、

Panasonicのスイッチプレート

で、そもそもどのくらいのスイッチプレートが存在するか…

Panasonicさんの取り扱いだけでも

こんなにありますよ!!!ありすぎでしょう( ̄▽ ̄;)素人施主には迷宮入りする案件ですよね 笑

で、もちろん、予算があればね、高いものを選んだかもしれない。なんかむっちゃこだわった?木製のスイッチプレートとか探してきたり?したかもしれませんが、ここにそんなにかける余裕なーし!!さらに、スイッチプレートの最新型とかには興味なし!!

求める条件は

ビジュアルとスイッチがつく

ことだけ!

なので今回設計士さんがご自宅に採用している

新金属プレート

通称‥新金プレートにしました。

新金属プレートって何?

そもそも新金属って何?という疑問が湧きますよね〜!Google先生で調べましたよー

耐食アルミニウム合金を利用したプレートになっており耐久性や耐食性があ

ようですね(( ^∀^ ))

新金属プレートに似たビジュアルでステンレス製もあるようですが、きっとさらに高いのでしょうね 笑

見積もり額

工務店の見積もりは新金プレートではなくもっと普通なプレートで見積もりされています。

なので今回どのくらい増額になるのかと思っていましたが結果は

全室約70箇所分で21,000円の増額!

になるようです〜思ったよりは安かったかなぁ?このスイッチプレートにも省令準耐火構造用に耐火プレートを入れないといけないようです^_^;本当手間かかる〜

ネジ愛?ネジ美

でね、工務店社長の見積書にはこう書いてありました

  • 新金属プレートⅡ型

そのⅡ型というところに、設計士さんが気づいて質問をしました!

設計士さん『このⅡ型とはなんでしょうか?』

社長『Ⅰ型は、スイッチプレートにネジがあり、Ⅱ型はネジがないバージョンです。掃除しやすいしⅡ型の方がいいのかなぁと思ってこちらで見積もりをとりました』

という社長。私も隣で、なるほどなーと思い聞いていたところ、

設計士さん『いやむしろ、そのネジが可愛いんです!!Ⅰ型でお願いします。』

設計士さんのネジ愛?ネジ美?にむっちゃ爆笑。いや笑ってしまったのですがね、いやぁやっぱり流石だなぁと。

ちなみに新金属プレート Ⅰ型はこんな感じです↓確かにネジがありますね。

このネジにそんな想いいれがあり採用していたなんて…っと驚きました。

でさらに設計士さんが話します。

『昔の物はネジがマイナス型で!欲をいればそちらの方がさらに可愛いんです。少し古めかしさが良いんです』

はぁああああああああ〜〜(´>∀<`)ゝ脱帽

ちなみに1992年発売当初?かなと思う画像がこちら

ネジ穴がマイナス型していますねー!!!

やはり、本当に家を建てることが好きな人、生業にする人は、1度しか家を建てない私の想定をはるかに超えて、家づくりの細部にこだるのだなぁと改めて知りました。

細部に目を行届かせてもらえる、設計士さんでよかったなぁと思います!!

そして、設計士さんのスイッチ愛について知れてたのも良かったです 笑笑

私もマイホームに友人が来た時は、このネジ愛について饒舌に語りたいと思います 笑

でわまた