たとえ1000万の家でも、住む人が満足するなら良い家やろ?

マイホーム マイホーム

こんにちは~!マンション後悔ポイント書くといいながら
別のことを書くタメシロウです。

自分勝手ですみません

今まさに注文住宅を建てようとしいて、図面確定まで1か月ほどしかないという状況なんですが…

予算3000万(総額ですよ)に対して、現時点でのマイホーム総額が3400万近く膨れ上がっているという話を前回書きました。そこで今日はこんな議題

施主が予算オーバーな見積もりに陥る理由?

そのそもなんですけどね、注文住宅を建てるということ自体が身の程知らずだったのかもしれません。
注文住宅の相場というものを知らなかったころ、田舎に帰れば安く家が建てられる~とでも考えていたので
家の予算は1500万と思っていました(恥)

実際に田舎で地元大工に頼めば家の広さにもよりますが、低価格で家を建てることもできます。
しかしそこには、洗練されたデザインも、家事導線のいい間取りも、性能の高い断熱材もなく

冬寒く、夏熱い、結露のする、電気代のかかる(建て方にもよりますが)
住設機器も安い時に仕入れた型落ち品番のようなものを使うことになるかもしれません・・・

一生に一度の家を建てるのに、それでいいのか?

と問われると私の答えは『絶対いや』でした。

だから、自分の好きな設計士さんとコンタクトをとり、性能の良い家を建てる親の代から工務店をしている評判の良い地元の工務店を探してきたのですが

見積もり金額は増えるばかりで…
夫とも喧嘩っぽくなる会話なのでした( ̄▽ ̄;)

現時点での減額提案箇所を紹介

で、現時点での減額箇所を来週の設計士さんとの打ち合わせにむけ洗い出したのですが
その箇所というのが下記のとおりです。

  • 1.2階の床のグレードを下げる
  • リビングのFIX窓をやめる
  • 子供部屋や脱衣室の窓の縮小化
  • パントリーの扉をやめる
  • 住設機器のグレードを下げる

素人の私にはこの程度しか思い浮かびません。
というのも、もう何か所かすでに減額をしており、和室の畳は琉球畳を諦めていたし
(ちなみに琉球畳と普通の畳だと倍と半分。大きさは半分になるのに値段は2倍マジック)

畳

住設機器のグレード自体もハイクラスのものはミーレ食洗器以外選んでいないと思っています。
(肌が非常に弱く、食洗器だけはミーレを守り抜きます。)

もうどこを減らせばいいか分かりませんけど

新築戸建てを建てる8割の皆さんが口をそろえて言う
『もう減額箇所無いんですけど(怒)』

状況に陥るんですよね~~~~。
それも施主の力量なんですけどね 笑。 なぜか怒りが入ってきますよねww

うちの場合、設計士さんは工務店に所属している人ではなく、フリーランスな方であり
注文住宅を建てようと思ったのも設計士さんありきなところあったので、

今回の減額案探しも、設計士さんのほうが親身に、丁寧に、施主寄りに探してくれている気がしていて

工務店社長って、施主(私)の意向本当にわかってくれているのかなぁ?

という不安さえ湧いてきて・・・

人のせいにすな

それは、工務店社長が悪いというより、

フリーランスな設計士さんと、
設計士さんにとっても初めて取引をする工務店と、
初めて家を建てる施主である私と

この3社間のコミュニケーションのバランスが難しい・・・
と感じているのです。

その3社間だけでも難しいのですが、夫からも何かと言われ(夫が言っていることも正論ですが)
資金援助のないお義父様からも口を挟まれることもあり

『いや私精一杯やってますけど!(怒)』

怒る

となるわけですw
器小さい~www

そして工務店社長に電話をする

そうこう言っていても、100万200万単位の減額をするためには
やはり、工務店側の協力を得ないといけないわけです。
構造上の材料でも減額できる個所を探してもらいたいんですよね。

私は工務店を選出するために3,4社に見積もりをとったんですよ。

見積もり

どこも高気密高断熱な住宅を建てることのできる地方工務店でした。

会社の規模には変わりありませんでしたが、1番性能のいい家をたてることのできる工務店を選びました。
社長は仕事が好きですし、家の性能を高める建て方を試行錯誤してきた方です。

もう定年退職の年齢は過ぎており、
今まで自分がやってきたやり方や、家を建てる材料、構造上の強度や耐震への認識なんかも
揃っている方です。

おそらく、自分のプライドにかけても、貧弱な家を建てる人では無いんですよね。
不当な値引きをする代わりに家を手抜工事して建てるなんて絶対に出来ない人だと思っています。

なんの自信ですかw

そんな方に減額提案のお願いをするのはとても心苦しく。
施主が「減額・減額」言うのは当たり前なのかもしれませんが、申し訳なくなりますよね。

たとえ1000万の家でも、住む人が満足するなら良い家やろ?

この言葉を夫に言われると、グウの根も出なくなります。

確かにそうなんですよ。
たとえ1000万の家だとしても、住む私と夫が『この家最高!』と想えたら施主にとっていい家と言えるんですよね。

デザインがいい
家事導線がいい
性能がいい

私は欲張りすぎなのかもしれません。
私は身の程しらずなのかもしれません。

それでも、3000万以上かけて一生に1度の注文住宅を手に入れたいと思います。

マイホーム

100%満足という家は不可能に近いと思います。

ですが8割満足~♪と想える家を。
建てれるように精進したいと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SUUMO注文住宅 みやぎで建てる 2019夏秋号 [雑誌]
価格:389円(税込、送料無料) (2019/7/6時点)