日常にもとめることと、非日常にもとめること

暮らし

こんにちは!ど田舎に注文住宅を建てたタメシロウです。

 

さて!今日はおでかけネタです~♡
家族で1年ぶり?にキャンプへ行きました(^^)/

私が住むど田舎にはいくらでも美しい川はあるのですが、幼児と一緒に遊びやすい
整備された川!

 

というのが今回行ったキャンプ場でした♡
長男の運動会の後からのキャンプだったので、テント泊ではなく、ロッジ泊にしました

この三角屋根の家がかわいい~!
まわりのキャンパーたちの焚火の煙が朝日に照らせて幻想的ですよね

 

 

田舎へUターンして、家を建てようと思った時に
夫が最初に「ログハウスが良い」と言ったんですよね~
でも私はすでにその時、家を建てたい設計士さんと出会ってしまっていたので却下。

 

しかし4年建った今では、4年前の自分では思いもしなかったくらい
もっとBESSっぽい家建てたかったかも…

ログハウスのBESS
ログハウス、木の家のBESS。ログハウスや都市型木の家から、梺ぐらしが似合う家まで、5シリーズをラインナップ。全国で展開しています。ログハウス、木の家はBESSへ。

 

と思うことがあります(=゚ω゚)ノ
今でこそ、高気密高断熱だと言っていますが、それは設計士さんの影響であり
本来の私は、暖炉のある家に憧れていました。

 

 

(画像お借りしています)

 

 

しかし、現実的に考えると、やっぱり普段の暮らしをする上では
暖炉はカッコイイが費用対効果は悪い。
自分たちの収入を考えると、地球にもお財布にもやさしい暮らしをするに越したことはない

 

と思い、暖炉のある家は諦めました。

ですが、ここはど田舎。いつでも庭で焚火ができる環境♡
1歩、キャンプ場に行けば大自然の中でキャンプが楽しめます。

 

 

日常は、便利で快適、お財布にやさしい暮らしをモットーにし、
非日常で、その逆を叶える。

そのくらいの距離感でちょうどいいかな~と思うようになりました♡

 

 

今回のキャンプはダッチオーブンを吊り下げた写真を撮りたくておでんにしました♡
土曜日から仕込んでおいて、ジップロックを2重にしてキャンプ場に運び、あとは温めるだけ!

幼児がいるので、なかなか手の込んだものをキャンプ場で作るのは難しいのですが
やっぱりキャンプ場だと、たとえレトルトカレーでもおいしく感じる不思議。

弾丸キャンプでしたが、とても楽しかったです

 

夜のデザートは、生協でお取り寄せした五平餅

おつですね(*’ω’*)

 

 

来年の夏休みは、ここの川で思いっきり川遊び&キャンプを楽しむと誓い
帰路についたタメシロウでした

ではまた(^^♪