今更( ̄▽ ̄;)窓のサイズがわからない!

高気密高断熱

こんばんわ!ど田舎に高気密高断熱な注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。

 

 

今日はカーテンについて書こうと思って採用したいカーテン幅や見積もりを取ろうとしてたんですけどね〜気づいたんですよ。

窓のサイズがわからない

そう。窓のサイズが分からないです。いや、たしかに目にしてきたはずです。見積書やらプレカット図。窓の打ち合わせは散々してきました。

 

まず見積もりを見たんですけどね。25620という文字列を見つけたんですよ。

私ね!あぁ!品番や!!とおもい採用するYKKAP のデジタルカタログで検索したんですけどまっっったく出てこない^^;

 

えぇえぇと思いつつ、図面を見返します

ほら書いてるでしょ。

25620ってね。いや、25620ではなく、FL +2300が窓の品番なのか?と検索しましたがあてはまらない。その上の窓の横幅2705という数字をカタログで探せと分からない(^-^;

 

えーーーーーー(;゚Д゚i|!)今更窓のサイズ分からないって 笑 自宅に窓ついてるのにw

暗号解読出来たよ!

でやっぱりブログにしてくれている方がいるんですよね〜〜親切だわぁ♡

 

こちらの方のブログを読んでみると!25620の数字の羅列の意味がわかりました。

『とってもカンタン!間取りの数字で窓の大きさがわかります!』
間取り図の窓付近に書いてある数字が窓の大きさを表している話。 【リクシル/窓まわり 】 間取り相談のお客様と打ち合わせをしておりますと…◆窓があることはわかる…

いや本当に有難いですね<(_ _*)> アリガト

こんな初歩的なこと分からずに窓発注してるなんてね 笑 いや本当は建具リストと同じように窓サッシリストも貰ってたのかもしれないけど記憶にない^^;

 

そんなこんなでやっとこさカタログにある自分の品番がわかりましたよー

右上赤丸 256 と

左真ん中の赤丸20 を足して、25620!!

おそらく、たぶんうちの窓だと思われます 笑

横幅内寸2540×高さ2000mmの窓ってことみたいですねァ,、’`,、 (◍◉౪◉◍)’`’`,、

いやぁぁぁカーテン話はどうでもよくなりますね 笑 ちょっとした謎解きタイムでした!

 

採用するのはAPW330

ちなみにですね、書き方どないやって感じですけど、高気密高断熱住宅なのでもちろん樹脂サッシ。

一条工務店だとトリプルガラスな

APW430 世界トップクラスの断熱性能らしいんですが、こちらを採用しているんですよね?確かね。

 

うちの家は、この430の1つ下位?モデル?樹脂サッシの中ではスタンダードモデルな

APW330 です。何が違うかはよくわかりませんが、きっと430よりはリーズナブルだと思われます♡

 

 

テキトーな事を喋る

ここからテキトーな事を喋りますけど、やっと樹脂サッシを採用するハウスメーカーも増えて性能の良い家を求める人がこんなど田舎にも増えています。

じゃあ、トリプルガラスの窓さえ採用すれば良いのか?と言われればそうではないという事が、ど素人施主の私にもわかってきました。

 

壁側の、もっと言えば外壁材や屋根の断熱をした上での樹脂サッシ。からの換気システム!!

 

全てのバランスがとれてこその快適な性能の良い家ができるのだと思います。

 

 

ちなみに、今思えばマンション暮らし時代は高気密で複合ガラスの窓でした。しかし、換気の大切さを知らなかった私は、掃除するのが嫌で24時間換気の排気口も閉めたままにしたりしていました。

そしたら当然結露します(ーー;)冬はソファー近くのカーテンがカビる!なんてことも多々ありましたよ〜。ハイターにつけて洗ったけどね。もう本当。

 

 

 

あの頃は家の性能なんて考えもしなかったんだけどね。家=マンションとは資産価値だ!!!と思っていたしね!

 

 

しかし今私が求めるマイホームとは

家族が健康に暮らせて活用価値のある家

 

 

 

おばーちゃんになった時目を閉じてね、この家で育った子供たちの笑顔や泣き顔を思い出したいんですよね。

家族の思い出が詰まった家でポックリ亡くなるのが目標です 笑

 

あれ?窓の話だったのにε-(´∀`; )なんの話をしてるんやーですね。

 

 

 

本題のカーテン話はそのうち書きたいと思います。

それでわまた