ルーフバッグFeelGladで積載量を爆上げしてキャンプに行く方法

CAMP
スポンサーリンク

こんにちはーど田舎の注文住宅に暮らすタメシロウです。連日キャンプネタですみませーん。興味のない方はスルーを

 

本日はキャンプやる人なら誰もがぶち当たる車の積載量問題です。

 

ぶち当たる積載量問題の壁

うちもキャンプをやると想定して車を購入出来ていなかったのでキャンプに行くときは荷物ギュウギュウです( ̄▽ ̄;)

で、どうするか考えて、ルーフキャリアを取り付けようかと思ったのですが見積もりを取ると5万円以上は軽くかかる。

ルーフキャリアを取り付けるにはルーフベース↓が必要で、プラス工賃もかかるので

5万以上の見積もりになるのですが、そもそも年に5回程しかキャンプ行かんのに、今更車に投資するのももったいない。

 

だが積載量がなければ快適なキャンプはできない!と調べに調べ倒したところあるものを発見したのです。

 

ルーフバッグをそのまま装着する

ルーフバッグは本来ルーフキャリアに固定するのが理想なのですが

これを車に直接取り付けることができると知って試しにポチってみました。届いたのがこちら

FeelGlad ルーフバッグ 耐水性のあるものです。

 

 

で、キャンプ前日にどのくらい積みこめれるかトライしてみました♡

  • 折り畳み椅子 5脚
  • 寝袋 5人分

がすんなり入ってまだ余裕があります。で、このまま車に乗せるのには無理です 笑笑 え?考えればわかるって?私全く気づかずにルーフバックに詰めてから車に乗せようとしてました←バカw

 

ルーフバッグ実際に取り付けてみた

実際にからのルーフバック車に乗せてみました。

ぺったんこ。そこから荷物を詰めてみました。

ルーフバックの開閉はチャック式。

付属の2本の長いベルトでスライドドアを開閉した状態で取り付けます。1本はスライドドア固定部分より後ろ側に固定↓赤丸より後ろ!

しもう1本のベルトは運転席と助手席側に固定しました。(うちの場合はその方がうまく行ったので)

車内写真。

 

ルーフバッグを乗せて時速80km出してみた

ルーフバックを乗せて時速80kmくらい走りましたが大丈夫でした♬ルーフバッグ表面が樹脂素材で滑ったりすることなく快適でした。

 

片道1時間くらいの移動も大丈夫でしたが、先日20組から30組以上いるキャンパーさんの中でこのルーフバッグを使用してるのはわたしだけ 笑

そりゃ恥ずかしく無いと言えば嘘になります(○゚ε゚○)プッ!!こんなダセーのは嫌です 笑笑

 

ゆくゆくは、ルーフキャリアの似合うカッコいい車に乗り換えたい!

しかし、キャンプが行くときだけのせればたった7000円ほどの投資で500ℓも積載量が増やせる

 

こんなに費用対効果が高いものもないと言えます 笑笑

 

私のように車を今すぐ買い替えるつもりはないがキャンプの積載量問題を安価に解決したいと言う方に提案します 笑

 

ちなみに、うちの車は商用車バンに似てる天井が低いタイプだったので積載が簡単でした。←身長170cmあるしね。これが車高が高い車だと、荷造りするのになにか足場になるものが必要だと思いますのでご注意を

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました