エアコンの排水ホース!ゴキ対策

電気関係

こんばんわ!ど田舎に高気密高断熱な注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。

さて、今日はエアコン取り付け日でした、私の自宅から1台エアコンをクリーニングにかけ、それを新居に設置。もう1台不要になったものを義実家に設置。さらに1台は工務店社長経由の業者Xから新規で設置のハズでしたが…

排水ホースのゴキ対策

色々あった内容は後から書くとして!設計士さんがくれたこちらを紹介

エアコンの排水ホース用 防虫キャップ

100均一で売ってるらしいんですが、無事こちらも取り付け終わりました!

ここからゴキが侵入すると考えただけでゾッとしますね((.;゚;:Д:;゚;.))

売ってるのはキャンドゥです!!

先行配管の場合設置ができない?

うちの新居は、工務店社長の計らいで、排水ホースが先行配管されています。

上棟42日目 エアコンの先行配管
こんにちわ!ど田舎に高気密高断熱な注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。 少し間が空きましたが、ちょろちょろ現場には行ってましたよ!今日も仕事が終わってから覗きに行きました ...

先行配管とはなんぞやの方。みてもらった方が早いですね↓完成バージョン

こちら2階の子供部屋の室外機です。本来あるはずのあのだらだらと続く配管ホースが一切ありません!

それは、建てる前から計画的にエアコンの配管を壁の中に入れてしまっているからなんです。

しかしですね、私の手配したエアコン業者Aが『設置が難しい…』『リスクが…』『別料金に』

と言い出したので。なんじゃこの弱腰!と思い、ちょうど工務店経由のエアコン業者Xも1階リビングでエアコンを設置中やったので

社長に電話をして、事情を説明し、社長と業者Xさんに電話で話してもらって

結局私が持ってきたエアコンの設置も社長側の業者Xに急遽お願いすることになったのです(^^;)

リスクかどうかは知らぬが

私がお願いしていた業者Aによると、先行配管の場合、今は良くても、次にエアコンを買い換えた時に違う種類のガスを使う場合、

配管内洗浄も必要でそう言ったことがなんちゃらかんちゃらリスクで〜

と言うような説明でした。素人にはよくわからんけど、例えるならA型の人にB型の血液を入れるようなもの と言っていたので

『それは死んでしまいますね!ヤバイっすね!』といって私は笑ってたのですが

急遽、エアコン設置をお願いした、業者Xは

『え?若い子連れて会社構えてやってんねやろ?このくらいの配管できないと言うことはないはずやけどな。』←業者Aは2人できていたの。

『リスクとるんがいやなんかなぁ〜』

なーんてポロっと話していました。

私はエアコンについて詳しくはないのですが、この業者Xの、ドクターX感が半端ないっすよね 笑

業者Aは、軽のバンタイプの商用車に乗っているが、業者Xは、後ろの窓は黒く覆われたハイエースで敷地内奥に乗り入れ 笑

全身黒のコーディネートに、頭にも黒のタオルを巻いている。ただ、明るくて人当たりの良いおじさん。←GAP!

なぜ、配管ホースが太いのか?を質問すると、『先行配管の場合、結露をしたらいけないから断熱ホースにしてるんだよ』とわかりやすく教えてくれました。

面白い!!

1階200vがついてるけど

ほかにも、1階リビングのエアコン電源が200vになっていたけれど、エアコンは100vで良かったようで( ̄▽ ̄;)←たぶん減額した時にエアコンのランクを下げたことが原因

これまた社長と現場大工さんが電話で話して電気屋さんに連絡すると言ってたところに

電気屋さんから別件で電話があり、来てもらえるように私からもお願いして 笑

一時は、内覧会にエアコン間に合わないんちゃうか?!とも思ったのですが

14時半ごろには2台ともちゃんと設置完了しました。

義実家のエアコンもややこしい

今回ですね、私たちが使っていた別のエアコンを1台義実家の2階につける予定だったんです。それは業者Aにお願いしていたのですが

室外機が壁付けされているところに、屋根を後から作ってしまったため、その屋根の強度も弱くて、室外機を外せない!っと言うことになったんです。

もうそのエアコンは25年ほど前のもので壊れている。ただ、お義父様もエアコンをあまり使わないので、うちの不要になったエアコンをつけようか!と言う話になったのですが

結局室外機は残したままエアコン本体を入れ替え、新たな室外機は1階につけることで合意して作業をしました。

2階から1階へかけてのホースの代だけで1.4万円でしたけどね(^^;;取り付け費が9000円、処分品が2500円で、結局その分はお義父様が払ってくれました、使い古したエアコンを設置するだけで2.5万円もかかるー!高いー!

新居のエアコン取り付けで学んだこと

今回ですね、エアコン業者Aとは直接やり取りしていました。引越し業者経由での見積もりもでていたのですが、直接やる方が安いかもしれない!と興味本位で業者Aにお願いをしたのですが値段は引っ越し業者よりほんの少し業者Aの方が安かったと思います。

ただ!!

新築戸建ての注文住宅の場合、とくに先行配管ならば、その工務店のお抱えのエアコン業者に頼むのが1番だと思いました!

技術的にも慣れていますし、やっぱり大工さん職人さんらの雰囲気ができてるんですよねー。仲がいい。

ど田舎で狭いが故かもしれませんがね。

私エアコンの配管をしてくれた業者Xさんにはもう一度会いたいなーーァ,、’`,、 (◍◉౪◉◍)’`’`,、

しかし先行配管美しいですね。明日の内覧会誰か気付いてくれる人がいればいいのですが 笑

なんだかエアコン漬けの1日でした。

それでわまた