増額個所洗い出しと考察

お金打合せ

おはようございます!ど田舎に高気密高断熱な注文住宅をでお馴染みのタメシロウです。

 

そろそろ皆さん気になっているでしょう。
で!ほぼ増額記事しか見かけないけど、大丈夫なのか?と

ええ、本日は2019年7月に鬼の減額案をした後の見積もりに対しての増額箇所について報告します。

https://tameshirou.com/oninogenngakuann/

 

チャネルオリジナル外壁材

157,110円増額

これは記憶に新しい人もいるかと思います。
外壁の一部を耐火用の木製サイディングをはることにしました。詳しくはこちらの記事を

https://tameshirou.com/gaihekiitibunimokuseisaidingu/

ユニットバスの壁再施工

20,000円増額

ユニットバスの水栓が絶望的に低い位置にあり、ボードを再発注して再施工しました。業者さんからの施工費は取られてないのでしょうか?気になりますが…

詳しくはこちらの記事に

https://tameshirou.com/yunittobasujikenn/

洗面カウンターをメラミン材へ

23,370円増額

たった2.3万で水に強いメラミン材をカウンター材として使用することができます。幼児のいる家庭にはかなり心強いと思います!それでいてデザインも◎なのが流石でした( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ!!

詳しくはこちらに

https://tameshirou.com/zousakusennmendaiji-800/

しかしこの後、TJ-10122のメラミン材へ変更しています(がブログに書けておらず)

トイレカウンターもメラミン材へ

5000円増額

洗面をするならば〜〜と、トイレのカウンターもメラミン材へ変更しました!トイレは小さな水栓ボウルだからこそ、水に強いメラミン材にすることが、ゆくゆくの家事ストレスを軽減しますよ!

詳しくはこちら

https://tameshirou.com/toirenohanasi3/

スイッチプレート耐火仕様

21,000円増額

スイッチプレートも好きなものは選べますが、それを省令準耐火仕様にしないといけないんですよね!その分増額になります。

どのスイッチプレートにしたかは、こちらを参考に

https://tameshirou.com/suittipureetonituite/

防虫網

12,000円増額

家を建てる場所がかなりのど田舎ので換気口?から虫が入ってこないように網をつけようという感じでしたがよく分かっていません(*..)φ)) 家の中に虫が入るのはなるべく避けたいので、お願いしています。

造作棚一式

231,530円増額

前の記事に書きましたね!こちらです。必要経費的増額ですー。

https://tameshirou.com/zousakudanazougaku/

2階床 トーヨーテックスに変更

30,000円増額

こちらも結局施主支給はせず、工務店経由での発注になり、すでに床がはられていましたよね!ワクワク

こちらの記事ですね

https://tameshirou.com/2kainofuroatairu/

増額の総括と考察

こんな感じでした。工務店社長から書面および口頭で言われて記憶にあるものを書きました。税込で約54万円の増額です〜!

さぁこれが私たちの体力的に支払えるかという部分ですが〜こちらをご覧ください

資金計画表の諸経費欄です

赤丸部分 住宅ローンの保証料で632,400円とありますが、こちら実際には住宅ローンの金利に上乗せしたので一括支払いはしていません。

つまり60万くらいの余裕はある!ハズ

さらに、前回洗濯機とテレビを買いたいと記事を書きましたがそれもオレンジの施主支給購入費の欄に予算としては含まれています。

2019年7月に作成した内訳のエクセルが残っています。

 

さらにオレンジ箇所予備費として50万設けていますが、これは住宅ローン6か月分の支払いです。住宅ローンがスタートした8月から1月の入居までのローン費用をすでに資金計画表にいれておいたのです。

★住宅ローン82,192円×6ヵ月=493,152円

 

だからですね、増額増額と書いていますが、結果としては想定内と言えますよね。
住宅ローン3000万と私たちの自己資金が200万あれば住めるところまでは必ず持っていけるハズなんですよ。
補助金を一切使わずとも!!

 

と書きつつも、、やはり想定外なことも出てくると思いますし、工事も7月時点よりもかなり変更も加えています。実際施主支給もどんどん増えるかもなぁ〜と思っていますし(;^_^A

 

ただ今のところ資金計画書通りに進んでいると私は考えています。

ではまた!